横浜市 債務整理 法律事務所

横浜市に住んでいる人が借金返済の悩み相談をするならコチラ!

多重債務の悩み

借金の悩み、債務の問題。
借金・お金の悩みは、自分ひとりでは解決が難しい、重大な問題です。
ですがいきなり、司法書士・弁護士に相談するのも、少し不安な気持ちになるものです。
ここでは横浜市で借金・債務のことを相談するのに、お勧めの法律事務所や法務事務所を紹介しています。
ネットを使って相談できるので、初めての相談という方も安心です。
また、横浜市の法務事務所・法律事務所も紹介しているので、そちらも参考にどうぞ。

債務整理や借金の相談を横浜市在住の方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

横浜市の債務・借金返済解決の相談なら、こちらの事務所がおすすめです。
弁護士対応で、しかも全国対応の法律事務所です。
初期費用が無料だから、現在の手持ちがなくても安心です。
弁護士費用の支払いは、分割払いもOKです。
弁護士への相談料金ももちろん0円!
借金の取り立てをSTOPするのも可能。
過払い金、自己破産、個人再生、任意整理、など、借金・債務について相談することができます。
しかも、365日24時間、いつでも受付OKです。
フリーダイヤル(通話代金無料)で相談受付が可能なので、借金返済で悩んでいる方も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、借金や債務の問題が相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分にピッタリのやり方で借金や多重債務の問題を解決していきます。
また、過払い請求は初期費用0円、戻ってきた過払い金から料金を支払えます。
任意整理も、和解成功報酬や減額報酬などは一切支払わなくてよいので、安く解決することが可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性も安心です。
まずは気軽に無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

横浜市に住んでいる人が債務整理・借金の相談をするなら、まずこれもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネットを使った診断ツールです。
カンタンな質問に答えるだけで、どう借金を減らすかの方法や、月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、少し気後れする。
そんな方にもピッタリです。
しかも、無料で、匿名で使えます☆
全国対応しているサービスなので、横浜市の方も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名・無料で使える!
  • 全国対応!
借金問題を解決する第一歩として、無料診断、試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談と診断を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



横浜市近くにある他の法務事務所や法律事務所を紹介

横浜市には他にも複数の弁護士・司法書士の事務所があります。参考にしてみてください。


●横浜弁護士会
神奈川県横浜市中区日本大通9横浜弁護士会館2F
045-201-1881
http://yokoben.or.jp

●司法書士法人長津田総合法務事務所
神奈川県横浜市長津田5丁目1番13号
045-988-0157
http://nagatsuta-jutakuloan.com

●弁護士法人泉総合法律事務所横浜支店
神奈川県横浜市西区南幸2丁目20-2共栄ビル6階
045-312-1488
http://springs-law-yokohama.com

●シティ横浜法律事務所
神奈川県横浜市中区常盤町1丁目1宮下ビル6階
045-651-9635
http://city-yokohama.jp

●横浜都筑法律事務所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央42-21第2佐藤ビル304
045-350-8424
http://tsuzuki-law.jp

●みなとみらい労働法務事務所
神奈川県横浜市中区住吉町2丁目22松栄関内ビル6F
045-662-6505
http://mmrodo.jp

●堀尾法務事務所
神奈川県横浜市中区常盤町ニ丁目12番地ウエルス関内4階
0120-151-745
http://saimuseiri-horio.com

●横浜中央法務事務所(司法書士法人)
神奈川県横浜市中区本町5丁目49
045-212-1358

●横浜パーク法律事務所
神奈川県横浜市中区山下町207関内JSビル8F
045-226-2531
http://yokohama-park-law.com

●あおば横浜法律事務所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央23-11OSセンター南ビル8F
045-949-5552
http://aoba-yokohama.com

●横浜横須賀法律事務所
神奈川県横浜市西区北幸2丁目10-39日総第5ビル10階
045-620-4195
http://yokoyoko-law.com

●横浜セントラル法律事務所
神奈川県横浜市西区北幸1丁目11-15
045-324-0433
http://yc-law.jp
弁護士会交通事故個人再生債務整理倒産

地元横浜市の弁護士や司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やインターネットからの無料相談の方が、気後れせずに相談できるのではないでしょうか。

借金返済や多重債務に横浜市在住で参っている状況

複数の金融業者や人からお金を借りてしまった状態を、多重債務と呼びます。
あっちからもこっちからも借金して、返済先も借入れ金額も増えてしまった状態です。
キャッシング業者で限界まで借りてしまったから、別のキャッシング業者でお金を借りる。
クレジットカードのキャッシングやリボ払いを限界までして、クレジットカードをたくさん作ったり。
多重債務の状態までいってしまった人は、大概はもはや借金の返済が厳しい状態になってしまっています。
もう、どうやってもお金を返済できない、という状況です。
おまけに高利な金利。
どうしようもない、もうダメだ、と思ったら、法律事務所・法務事務所に相談してみましょう。
司法書士や弁護士に相談し、自分の状態を説明し、解決策を考えてもらいましょう。
お金の問題は、弁護士・司法書士知恵・知識を頼るのが最良ではないでしょうか。

横浜市/任意整理のデメリットって?|債務整理

借入れの返済をするのが困難になった時はなるべく早く手を打ちましょう。
そのままにしていると更に利子は膨大になっていきますし、問題解消はより困難になるだろうと予想されます。
借り入れの返金が出来なくなった際は債務整理がとかく行われますが、任意整理もとかく選定される手口の1つだと思います。
任意整理のときは、自己破産の様に大事な私財を保持したまま、借り入れの削減が可能なのです。
そうして職業、資格の抑制も無いのです。
良い点の一杯なやり方とは言えますが、もう一方では欠点もあるので、ハンデにおいても今一度考えていきましょう。
任意整理の欠点としては、まず初めに借金が全てチャラになるというわけではない事をしっかり承知しておきましょう。
縮減をされた借金はおよそ三年程の間で完済をめどにするから、きっちり返却計画を練る必要があります。
それから、任意整理は裁判所を介さずに債権者と直に話合いをすることができるが、法律の認識のない初心者では巧みに折衝がとてもじゃないできない事もあります。
さらには不利な点としては、任意整理した場合はそれ等のデータが信用情報に載ってしまうこととなり、いわばブラック・リストの状況に陥るのです。
それ故に任意整理を行ったあとは大体五年から七年程度の期間は新規に借入を行ったり、ローンカードをつくる事はまず難しくなります。

横浜市|自己破産ならではのメリットとデメリットとは?/債務整理

どんな方でも簡単にキャッシングが出来る様になった関係で、巨額な負債を抱え込んで悩み苦しんでいる方も増加しています。
借金返金のためにほかの消費者金融からキャッシングをするようになり、抱え込んでいる負債の全ての金額を知らないと言う人もいるのが事実です。
借金により人生をくるわされないように、様に、利用して、抱えてる債務を一回リセットする事も1つの手口としては有効なのです。
ですけれども、それにはデメリット、メリットが生じるわけです。
その後の影響を考え、慎重に行う事が大事なポイントなのです。
先ずメリットですが、何よりも借金がすべて帳消しになるということです。
返金に追われることが無くなることによって、精神的な悩みから解放されます。
そして欠点は、自己破産をした事によって、債務の存在が知り合いに広まってしまい、社会的な信用がなくなってしまうことも有ると言うことです。
また、新規のキャッシングができない情況になるから、計画的に日常生活をしていかなくてはならないでしょう。
散財したり、お金の遣いかたが派手な方は、容易に生活水準を下げる事ができないこともという事が有ります。
しかし、自身に勝ち生活をする必要があります。
このように、自己破産にはデメリットやメリットがあります。
どちらがベストな策かをしっかりと熟考してから自己破産申請を行うようにしましょう。

関連ページ