歯医者でのヤニ取りは保険は効くの?費用が気になる

鏡を見ると、歯のヤニ取りという愛煙家は少なくありません。笑った時に見える茶色い歯が気になって、手で隠してしまうという人もいます。ヤニというのは、歯に強力に付着するので、歯ブラシなど自分で落とすことが難しいです。
そこで、ヤニ取りをするのなら、歯医者に行く必要がでてきます。ヤニ取りは文字通り、ヤニを取る治療ですが、歯医者から連想する痛い治療とは大きく異なります。歯医者で行われるヤニ取りは、歯を傷つけることなく表面に付いているヤニだけを落とすため、治療後は歯がツルツルになって気持ちがいいと感じる人が多く、痛みは伴いません。
歯医者でのヤニ取りにかかる費用は、保険が適用されれば3000円程度、適用されない場合でも1万円ほどです。保険が適用されるかどうかは、お口の中の状態によります。保険というのは、病気に対して使われるものですが、ヤニが付いているのは病気ではないので保険適応外という扱いになります。ただ、歯に歯石が付いている場合、保険適応で歯石除去をすると、ヤニも一緒に取り除くことができます。
ですから、一概にヤニ取りは保険がきくかというのは、言う事ができません。かかる費用も気になりますが、何十万円という金額にはならないでしょう。保険の金額は国によって一律に決められていますが、保険外治療の場合は歯医者が独自に決めることができます。そのため、費用にもばらつきがあり、1万円以下でできるところもあれば、それ以上かかるところもあります。